2018/12/30
2018年に開催した主な研修講座 ・品質管理 ・生産管理 ・業務改善 ・組織力強化 ・仕事の教え方 ・技術伝承の方法 など
2018/11/18
11月16日、第50回中部VE大会にて講演の機会を頂きました。 【演題】 「VEの考え方を活用した製造現場の問題解決法」 中小製造業・製造現場の種々の問題のうち、現場での技術伝承をとりあげました。属人化されたノウハウをいかにして言語化し、会社のノウハウに高めていくかについてお話しさせていただきました。

2018/11/17
新事業の作り方を教えます。 何もないところから新しい事業を創り上げる醍醐味。その方法と事例を紹介します。 製造業以外の方も参加OKです。 お申し込みは下記の問い合わせフォームか または右のチラシ記載のFAX、メールにて! 問い合わせフォーム

2018/09/28
11月16日、名古屋市の三菱電機名古屋製作所で開催される第50回中部VE大会にて講演します。 VEの考え方を活用した製造現場の問題解決法 −町工場にVEの考え方を用いることの実質的効果− 【概要】...
2018/09/27
名古屋市東区の中部産業連盟ビルにて中部産業連盟様主催・製造業のための物流マネジメント力向上研修を実施しました。 物流活動と価値、物流管理、物流の効率化、物流コストの管理といった内容を取り上げ、リードタイムの管理・改善について議論しました。...
2018/09/17
9月11日、応研株式会社・名古屋支店様主催の大臣セミナーにて講演しました。テーマは「多品種少量生産−機会損失(ロス)と対策ニーズ」でした。多品種少量生産の業態をさらに細かく分類し、とくに多品種小ロット受注生産を行う企業において発生する製造現場の問題課題の類型化とそれぞれに対応した原因と対策について議論しました。企業活動を付加価値活動と非付加価値活動に分け、非付加価値活動を削減して生産性を高めるとともに、空いた時間を付加価値活動に割り当てることで、価値を高める質の高い仕事の量を増やして企業の経営力を高めていきます。
2018/09/17
9月7日、春日井市の企業様にてヒューマンエラー対策の出張社内研修を行いました。約40人の方が参加されました。ヒューマンエラー・ポカミス対策についての勉強会です。ヒューマンエラーは脳の情報処理過程のうち、入力の段階、判断の段階、出力の段階でそれぞれ発生し、人によって発生傾向が分かれるという話をしました。自分の間違えるポイントを知っておけば、具体的な対策を講じることが可能になります。職場を束ねるリーダーもメンバーそれぞれの間違えるポイントを知っておくことで、具体的な指示・指導を行うことができます。 研修では、ふせんを使ったアウトプットのトレーニングを取り入れながら、活発な相互議論を行いました。研修後は、「聞きっぱなし」でおわらないように、講師が直接現場に入り、ヒューマンエラー・ポカミス対策の運用を継続的にサポートしていきます。
2018/09/17
8月29日、名古屋駅前のウインク愛知にて中部産業連盟様主催セミナー「教えるべきことの明確化と教え方のトレーニングで仕事の質が向上できた対策方法」を開催しました。仕事の教え方・伝え方をテーマに、「教えるべきことの明確化」のための手法と、「教え方のトレーニング」という構成で5時間の座学・演習を行いました。ふせんをつかった演習を行い、自身の職場の問題・課題を取り上げて自ら試行錯誤し、仲間と議論しました。職場でヒューマンエラーが多発したり人が定着しないのは仕事の教え方・伝え方に問題があると考え、仕事の教え方・伝え方についての問題解決法を議論しました。
2018/09/17
8月22日、ピー・シー・エー株式会社名古屋支店様セミナールームにて弊社主催の中小企業経営の勉強会を開催しました。 2016年12月から毎月1回、継続的に開催してきたセミナーで、今回は第21回です。講師として「中小企業の事業承継・技術承継」について解説しました。...
2018/09/17
8月17日、山口県徳山市のホテルサンルート徳山にて講演をしました。 山口県中小企業団体中央会の「事業承継セミナー」の講座の一つです。 テーマは「効率よく進める技術・技能伝承の方法」で90分程度お話ししました。 中小企業・製造業の現場では職人技の次世代への伝承が課題となっています。...

さらに表示する